幻界エロス経典 酒呑童子


酒呑童子


アマゾンインスタントビデオdmm2ビデオマーケットrakuten showtime2アクトビラ2google-play-logo1iTunesTSTV



STORY この世を恨んで、鬼となる!!
エロスと幻惑の世界を古典名作の新解釈で描く「幻界エロス教典」シリーズ第3弾!!

その頃、都には鬼たちが現れては、貴族や僧侶を殺害、女をさらうといった極悪非道を繰り返していた。鬼には首領の酒呑童子、そして女鬼の茨木童子(平井七菜子)がいた。 ときの公卿・藤原道長は、平安の世を乱す酒呑童子たちの討伐を、源頼光をはじめとする武将の道長四天王に命じる。 鬼が住む山へと向かう頼光。そこでは、さらわれた女たちと何匹もの鬼が宴を行っていた。酒呑童子を油断させるため、頼光も酒宴に加わる。 やがて、茨木童子が鬼になった訳を語る。豪族の姫だった彼女は陰謀で父を殺され、貴族たちから十日間も犯され続けたおぞましい過去があった。その報復のために鬼となり、現在の幕府を転覆させて、新たに鬼の王国を築こうとしていたのだ。 鬼たちの正体は、世に恨みを持ち謀反をたくらむ者の集団だった。酒呑童子は、どんな理由で鬼となったのか。そして頼光との対戦は…。

CAST 平井七菜子、豊沢鈴、大川原直太、藤川真司、岡本裕樹、中村誠実、唐川耕一、湯沢勉、粒郎太、飯泉博道、酒田貴弘、寿松木彰一、林彬
STAFF 監督:かわさきひろゆき/脚本:前田万吉/製作:海津敏行/企画:海津昭彦/プロデューサー:渡辺健一/撮影:荒木憲司/照明:下村芳樹/録音:株式会社ナベックス/制作協力:オカシネマ/製作:スターボード